学園祭での焼きそばの屋台は力が必要ですね。

学園祭の醍醐味と言えば屋台ですよね。毎年各クラスがそれぞれ屋台を出しますが、私のクラスでは焼きそばと出す事になります。目標は1日で400食ですので朝から準備に取り掛かります。とはいっても焼きそばは昼が一番ピークになりますので、作業はゆっくりスタートです。野菜はキャベツを切る程度ですし、肉も小分けしてもらったので炒めて盛り付けて販売というシンプルな作業です。ガス屋さんに火を入れてもらい調理を開始しました。1度に20人前を作るため意外と力がいります。麺と具材が入る事で掻き混ぜるのは一苦労でした。焼きあがった面を盛付け舞台が手際よく分けてくれます。11時過ぎから13時まではフル回転で作業に没頭です。全て焼き上がると販売だけですので学園祭の他の屋台で楽しめます。普段はお祭りなどで食べる側ですが、学園祭は実際に作って販売もできますので面白いですよね。自分で焼いた焼きそばを食べながらミスグランプリ大会を見ながら盛り上がりました。来年は私も学園祭のミスグランプリに参加してみようかな。