学園祭では生徒同士がいかに仲良くするかが大事です

生徒によっては、基本的な思考というものがかなり違っているのが普通で、一つのクラスを纏めることすら学校内部では厳しいという場合があります。クラス内において何かしらの問題が発生したときには、いかにしてじっくりと腰を据えてそれらのいざこざを解決するかが大事です。学園祭を成功させるためにはクラスが一丸となっている必要がありますから、一つのことに対してしっかりした対応ができるかどうかが常に問われています。
加えて問題となってくるのは学園祭での活動内容で、そこに全員がまとまれるような目標があるかどうかという部分が鍵になります。例えばいざこざがおきたとしても、その本質は何をやるかではなくどうやっていくかであるケースがあります。
そうしたどうやるかという問題の場合には、大抵の場合で問題の生徒の意見をある程度通してやれば解決するケースがありますから、いかにして意見をしっかりと通していくかを考えることによって、一つのまとまりとしての結束は決まっていきます。