学園祭でライバルに勝った話

私は高校時代空手部に入っていました。空手部には私と同級生のライバルがいました。彼とはよく試合をしていましたが、なかなか勝てませんでした。彼は背が高く、がたいもいいので、彼より背が小さく、がたいも小さい私は、勝てないのです。

そして、学園祭がやってきました。学園祭では、空手部は観衆の前で試合をすることが恒例となっていました。当然私もそれに参加します。相手はそのライバルの同級生です。学園祭ということで、多くの人たちが試合見に来きます。その試合で負けたらさすがに恥ずかしいと思い、私は試合で勝てるように特訓を始めました。

毎日朝と夜はランニングをして足腰を鍛えました。さらに、地元の空手道場にも通い、大人の有段者との練習を重ねました。

そして学園祭当日、試合が始まりました。特訓の成果なのでしょうか、ライバルが以前よりも小さく感じられました。その結果、なんと彼に勝つことができたのです。うれしくてしょうがありませんでした。今も忘れられない思い出です。