学園祭で出店の思い出

学園祭と言えば、やはり大学時代サークルで出店したことが楽しかった思い出です。
写真サークルに所属していたので、写真をポストカードにして売り物にしていたのですが、むしろプラスアルファとして売る食べ物の出店準備が大変でした。
せっかくの機会なので、やはり儲けたい!大学全体で何を売るかは申請して管理されるので、売れそうな食べ物で出店できるかサークル同士の争奪戦でした。特に、酒類は決められた何店舗かのみ販売なので競争率が高かったです。事前に近年の出店実績を考慮して、何度も同じサークルや部が人気商品を売らないよう、学園祭実行委員会が調整した上で、くじ引きをします。
ある年、ラッキーにも酒類販売の権利を獲得しました。盆地にある大学で学園祭は11月。寒い時期なので、焼酎の熱燗を売ることに決まりました。
当日は、レンタル業者さんから借りた大きな熱燗鍋を3つ並べ、飛ぶように熱燗は売れましたが、店番に立つと匂いだけで酔っぱらうメンバーが続出して大騒ぎでした。
それでも大学事務局や教授室や研究室まで配達に行ったり、メンバーのご両親にサービスしたり、とても楽しい思い出です。