学園祭で感じる手作り感が好き

毎年、多くの学園祭に参加します。
学園祭の魅力はなんといっても、その手作り感にあると思っています。
食べ物の模擬店にしても、ライブなどのイベントにしても、完全に完成されたものというわけでもなく、学生が試行錯誤しながら成功に向かって努力するプロセスが見えるから好きなのです。
ライブイベントなどは、その雰囲気が一層強いですね。
自分でもスタッフとして参加したことがありますが、もう本当に大変でした。
入場者がたくさん入っているかとか、ゲストの待遇に失礼はないかなど、気を遣う場面がたくさんあり体力的にも精神的にも劇的に疲れます。
ただ、その分、やり遂げた時の達成感は大きなものがありますね。万事ものごとがうまく行ったときよりも、発生したトラブルを乗り切って成功させたほうが喜びはより大きい。
もともと少ないスタッフで運営するので、マイクトラブル程度でも大騒ぎになるのです。
それでも終わってみれば、全てが楽しい思い出です。
大学生になったらぜひ、学園祭の運営側にまわって動いてみるとかけがえのない経験ができると思います。