学園祭といえば先生たちのステージ

学園祭の楽しみといえば普段は厳しい先生たちまでが、その日はまったく別の顔を見せてくれるということです。さすがに学園祭の日は、多少生徒が羽目を外しても少しのことであれば多めに見てくれます。なのでここぞとばかり生徒側は先生たちにムチャ振りをするのです。
例えば私の通っていた学校の学園祭では、その準備段階で学年主任の先生にステージで芸を披露してくれるようお願いをし、当日はかなり盛り上がりました。みんな学園祭が始まる前から今か今かと先生のステージを待ちわびており、ステージが始まる直前になると次々に生徒たちが集まったものです。そうして学園主任の先生が披露してくれた芸というのは、なんとモノマネだったのですが、これが似ているものとそうでないものの差が激しく、そのギャップに大笑いしてしまったものです。いつもは厳しい顔をしている先生がこの日ばかりは顔中を笑顔でいっぱいにしてモノマネを披露してくれたのですから、それがきっかけでその先生のファンになってしまった私でした。