学園祭に参加して

大学時代は毎秋の学園祭が一つの楽しみでした。とはいっても、小規模な大学だったので、それほどの人出があるわけではありません。ライブなども行われていましたが、どちらかというと、名前も聞いたことがないような無名のミュージシャンばかりでした。学園祭では、主に出店する側として参加していました。なかでも、ゼミでたこ焼きの模擬店を出すのが恒例になっていました。準備をするのは1、2年生の役割でした。模擬店の設営から材料の購入、機材の手配などもしなければなりません。そのなかでももっとも手を焼いたのが、食券の販売でした。食券は各ゼミ生が買い取らなければならないので、実質的には自己負担です。簡単にさばけるものでもなく、同じようにノルマがあるほかのゼミの学生とよく食券を交換しました。学園祭の当日も、あまった食券を売って回りました。また模擬店の呼び込みも大切な役目でした。大変ではありましたが、今もいい思い出として残っています。