学園祭に業務用車両を使ったこと

私が大学の頃には、学園祭は最大のイベントでした。みんな気合いが入りまくっていたので、焼き鳥屋をやるだけだったのに、精肉店が使う冷凍トラックを現場に使ったりしていました。

既に、正社員のように仕事に従事していた人も多かったので、会社で許可が取れた車両を使って学園祭の準備に使用したのです。大量の材料を使用する方法は分かったのですが、後は当日にどれだけの商品を売る事ができるかがポイントです。

販売前から商品の回転率や、品揃えのプライスのバランスなども考えて、本格的な商売のノウハウを駆使してやっていたように思います。

ところが、学園祭当日になって周りの出し物を見てみたら、ほとんどが私達が準備したような食べ物であり、ほとんどのお店に焼き鳥があるのです。なので、学園祭に訪れた人からすると焼き鳥屋さんがズラッと並んでることになります。

なので、学園祭が始まった当初から大量に売れ残ることが分かっていました。そして、期待を裏切ることなく本当に売れ残ったのです。