学園祭のソフトボール大会

大学の学園祭は秋に行われる恒例行事でした。小規模な大学だったので、とくに目だったイベントもない中、学園祭は唯一学生が盛り上がる行事でした。ゼミではたこ焼きの模擬店を出店していたため、学園祭には毎年参加していました。とはいえ、学園祭の模擬店の準備は下級生の役目なので、3、4年生になると足が遠のいてしまいました。学園祭に再び顔を出すことになったのは、卒業してしばらくたってからでした。留年して大学に残っていた友人が、ソフトボール大会に参加したいと言い出したのです。その友人の発案で参加することになったのですが、ほかのメンバーは運動不足の友人ばかり。大会前に練習したものの、ボールがあっちこっちにいったり、塁を走る体力がもたなかったりと、試合になりそうもありませんでした。結局、試合は点を奪われるばかりで、まったくヒットも出ませんでした。それでも、学園祭でスポーツ大会に参加したのは、今もいい思い出です。