学園祭のバンド

学園祭というと、思い出す事があります。
それは、学生同士で組んだバンドの演奏です。
あれ、とても憧れますよね。いまだにふとした時に自分が楽器をやっていて、舞台上で思い切り演奏をしている妄想をする事があります。
もう、いい大人なのですが……。お恥ずかしいです。
バンドをやっているという事が一つの重要なステータスとして存在した学生時代。今思えば、やっておけば良かったかなぁなんて思いますが、きっと今の私が過去にタイムスリップしても、きっとやらないのでしょう。
そんな引っ込み思案でひねくれた私ですから、学園祭のバンド演奏というのは、あまり観に行った事がありません。一度だけ観に行ったときも、舞台近くで踊り狂う生徒達を、遠くの席で座りながら冷笑していたような気がします。我ながら、冷めた嫌な子供です。
そういったバンドの演奏は、やはりとてもヘタクソなのですが、プロの演奏とはまた違う、というかそういうバンドにしか出せない音があるのでしょうね。やっぱり今思い出しても、かっこいいなぁ。