学園祭の予算は生徒からいかに徴収するかで決まります

基本的に学校側が大金を用意してくれるということはファンタジーでしかありません。大抵の学園祭では必要な予算は生徒同士で出し合うものであって、これらをいかに多く徴収するかによって予算というものが決まってきます。また予算に関連して進めなければならないのが寄付金などを集めることです。例えば私立学校などによくあるのが寄付金をOBなどから集めてしまうというもので、学校を卒業した人々が何かしらの社会的な成功者になって学校側にお金を投下することがあります。そうした予算を学園祭において利用することもまた可能であるケースがあるのです。
加えて学園祭において気をつける必要があるのが、予算の使途で、ギリギリでやるのが大抵のケースなので計画的な消費ができなければなりません。もし計画性のない消費をしてしまったら、すぐに不足ができてしまって新たに徴収しなければならなくなったりして、手間がかかるだけでなく無駄になってしまいますから、よく考えて購入作業をする必要があります。