学園祭の出し物決定と多数決

学園祭では、しばしば多数決が利用されているようです。
多数決というのは、選挙のようなものですね。選挙は投票者数によって判定される事になります。立候補者AさんとBさんとCさんがいるとして、それぞれに対する投票者数が40件と60件と70件だとします。投票者数が最も多いのは、Cさんという事になります。つまり投票の数によって当選が決まる訳ですが、それは学園祭の出し物とも非常に大きな関係があります。
学園祭の出し物を決める時には、たいていクラスで会議を行います。そしてクラスメートがそれぞれアイデアを出して、黒板などにそれを書き出します。そしてアイデアAとBとCが出たとします。その後の流れは、上記の選挙と同様です。クラスの生徒による投票が行われて、最も数が多いものが学園祭の出し物として採用されるといった具合です。私の学校の場合は、そのやり方で出し物を決めていました。
このように学園祭というのは、出し物は多数決によって決定される事がある訳ですね。