学園祭の出資金をバイトで稼ぐ!

学園祭に出店したこと自体も、今となっては青春の良い思い出ですが、その前段階も結構良い思い出ですね。

私はゼミのメンバーで、学園祭に模擬店で出店しました。大学側からは出店の協力金として、数千円がもらえるのですが、それではちょっと足りないのですよね。

ですから、各自であと何千円かを出し合うこととなったのですが、ゼミ生のうちの一人が「それならコレでみんなでアルバイトしない?」と、持ってきたのが着ぐるみアルバイトでした。

要するに、イベントなどに登場する着ぐるみの中に入るアルバイトです。一瞬「え!?」と、思ったのですが、他の数名がノリノリでしたので、みんなで一緒にアルバイトしましたよ。

実際に着ぐるみのなかに入るのは1名で、残りは着ぐるみを誘導したり、風船を持ったりする係でした。しかし、「みんなでアルバイトをした」という経験が、学園祭の出店の前にあり、そのことも学園祭の模擬店への熱意を盛り上げた一因ではありましたね。

よくよく考えたら、各自がそれぞれアルバイトの時間を増やしてその分のお金を出資金に充てることもできたのですが、しかしながら「みんなで〜」というところが重要なのでしょう。