学園祭の展示企画を工夫

学園祭といえば学園生活最大ともいえる年に一度のイベントですから、生徒やお客さんはみんなテンションがあがってまさにお祭り騒ぎ。
そうなると必然的に注目されるのは、バンド演奏やコンテストなどの大きなステージイベント、それから屋台や喫茶店などのフードコーナーになります。

一方、授業関連の研究や、文化系クラブの研究の展示などは、それほど注目を浴びません。
楽しく盛り上がるというものでもないですから、足を運ぶ人が少ないのは仕方がないですが、それでもせっかくの研究成果を展示をしているわけですから、見てもらわないともったいないですよね。

私は一度学園祭の実行委員というものをやった事があるのですが、そういった展示企画に工夫を加えることで、少しでも多くの人に見てもらおうとしました。
展示は展示用の教室で…という考えをやめて、喫茶店とコラボしたのです。
喫茶店には必ず人が集まりますし、ある程度の時間はとどまりますから、喫茶店の中に研究展示があれば、興味を持ってくれる人も増えるのではと考えました。
結果、例年よりは確実に展示に興味を示してくれた人がいたみたいで、展示の感想を書いてくれたお客さんもいて、工夫したかいがあって本当に良かったと思いました。