学園祭の思い出

私の高校では、学園祭はクラスごとに出し物をすることになっていました。しかし、私のクラスはみんなやる気がなく、結局特に何かをやるのではなく、出し物は「休憩所」になりました。自分たちの教室に椅子を置いておいて、それで終わりです。他のクラスは、お化け屋敷や食べ物屋さんなどの出し物をやっていて、楽しそうだったので、少しさびしかったです。しかし、それでも楽しいことはありました。当時私の好きだった女の子が学園祭に来たのです。彼女は同じ学校の同級生だったのですが、事情があって学校をやめてしまっていたのです。ですから、彼女とは長らく会えていなかったので、彼女と会えた時はとてもうれしかったです。その日は天気もよかったので、彼女を含めた友達4人で校庭の上で寝そべりました。彼女と一緒に寝そべりながら、青い空を見ました。思わず嬉しくて笑顔があふれてしまいました。その後彼女は外国に行ってしまい、それ以来会っていません。しかし、とても良い思い出です。