学園祭の時のゴミ収集

学園祭を開催するときに、実行をする委員の人たちと、作業をするスタッフが何名か選ばれたのです。過去の学園祭の実績からすると、ゴミが大量に散乱するという結果になるので、学園祭の開催中から徹底的にゴミを集めて綺麗な状態を保つというのが作業スタッフの役目です。

学園祭の出し物の中に、食べ物を選択したクラスが多くて、建物の容器やお箸などが休憩できる場所の近くにどんどん増えていくのです。ゴミ箱もいくつか設置してあるのですが、すぐに満杯になるので短いスパンで取り替える必要があります。

そんなゴミ収集担当をやっていると、校内を広く歩き回るので知り合いにも良く会うのです。思わず話し込んだりして、巡回が遅れてしまうとゴミ箱が満杯になって、ゴミが近くに散乱していたりするのです。

人手を多くしてゴミ収集をするという考え方は間違ってなさそうですが、私が思ったのは普通にゴミ箱を多く設置していえば、自然にゴミ箱の中に捨ててくれるのではないかと思うのです。