学園祭の運営には長い時間が必要です

学園祭の運営というものは、ただ突然に立ち上げてそれでどうにかなるほど簡単にできてはいません。どこでなにをするのか学校の設備をどう使うのか、そして準備はどうなっているのかすべての面において力を入れなければ、非日常となっている学園祭を上手くいかせることはできないからです。
そうした問題をクリアするためには、まずは自分にとってそれらの運営というものがいかに大切かを理解したうえで、それぞれの生徒が運営のためにできることを全力でやっていく必要があります。
例えば運営委員会などに参加するのはクラス委員の担当者だけであったとしても、その作業をサポートする生徒がいれば作業効率はぐんとアップしますし、また何かしらの書類が必要であったとしても、それらの書類についての準備もまた多人数ならば捗ってくれることになります。
いかにして準備を整えていくかが運営のポイントなので、ただクラス委員に任せっきりにするのではなく、クラス中で運営の段階からまとまって行動することが学園祭の成功に於ける基本となっています。