学園祭は出逢いのチャンス

私の通っていた私立高校は周辺地域の中でもかなり大規模な学園祭をすることで有名な高校でした。2日間開催され各クラスが様々な出店や催し物を出します。体育館には芸能人を招いて講演会やライブを行っていました。
共学になる数年前までは男子校だった事もあり男女の比率は7対3で男子の方が多かったのです。カッコ良い男子はそれでも彼女が出来ていましたが、私はモテず女子と付き合えるのを夢見ていました。
学園祭の2日目は一般開放されているので近所の人達や、近隣の高校生達もたくさん遊びにやってきます。女子高生もたくさん遊びに来るのでモテない男子達にとっては女の子の友達を作る絶好のチャンスでした。
私達のクラスはメイド喫茶の逆で執事喫茶というカフェを開き、お茶をしに来たお客さんに好みの執事を選んで貰いその執事が帰るまで接客をするという形式にしました。女子側から好みの執事を最初に選んでくれるので話しているうちに気が合えば連絡先を交換して貰えました。
私もこの執事喫茶がきっかけで近隣の高校の彼女を作る事が出来ました。担任はモテない男子達は学園祭でどうしたら自然にかつ高確率で女の子と接点を持てるか、普段勉強では使わない頭を使っているなと笑っていました。準備からとても楽しく今でも良い思い出です。