学園祭は後夜祭までがセット

自分の行っていた大学の学園祭は、10月の一週目の土日に開催されていました。秋が少しづつ近づいて来る時期です。
しかし後夜祭では毎年、花火が上がり大規模なビールかけをやっていました。学長の言葉が終わり、電気が消えた瞬間がスタートの合図。一気にお祭り騒ぎに早変わり。それまでの静けさが嘘の様な盛り上がりです。
終わったら各サークルの飲み会やら打ち上げ。まずは風呂に入りますが、通いの人は校内の水道で水で体を洗っていました。毎年、何人か風邪を引くらしいです。当たり前と言えば当たり前です。
自分にとってはこのビールかけまでが学園祭なんです。田舎の大学なので、後夜祭に居るのはほとんどがうちの学生。でも本当なら、来てくれた方々にもこの後夜祭を体験して欲しいです。ビールかけまで参加しろとは言いませんが、そんな風景と花火を見て喜んでもらいたいです。きっとそっちの方が楽しいと思います。
卒業して4年たちますが、今だに学園祭に顔を出しています。勿論ビールかけは見ている方になっていますが。