学園祭を作る側として思いっきり楽しんだ私

学園祭というと作る側と見る側に分かれますが、私が初めて学園祭に作る側として参加したのは高校生の時のことです。何しろ学園祭というものが初めてのことで、心から楽しみでした。
私が参加したのは学園祭の模擬店だったのですが、ただ物を売るだけでは物足りないというので、みんなでコスプレをしたり気ぐるみを着たりして、お店に立つことにしました。その模擬店はカフェのようなお店で、飲み物と洋菓子、和菓子を提供するといったものでした。
私はあるキャラクターの気ぐるみを着たのですが、これが意外と良い感じで、なんと言っても気ぐるみを着てしまえば顔が隠れるため、恥ずかしいと思うことも平気でできてしまうのでした。そのためウェイターのようなことをしながら、売り上げを伸ばすため友人たち数人と踊ってみたり、大声で客寄せの真似事をしてみたりと、思いっきり学園祭を楽しんだのでした。
そして結局学園祭の丸一日、ずっとテンションが上がりっぱなしの私でした。