学園祭を催してみて始めてわかる集団行動の大切さとは

学園祭を開いてみることによって、そこに生じる集団行動の重要性について、自分の視点から認識を改めることができます。
学園祭のいいところは、集団で色々なことをやるということが貴重な学生生活の中にあって、極めて大規模な集団行動が求められるところです。
しかもただの体育祭のような上からおしつけられたような集団行動ではなく、自主的に何かをやっていくということが求められるタイプ集団行動なので、自主性というものを磨くのにはうってつけです。
集団で何かをやりとげるというのは非常に難しいことであり、時間的にもかなり吸い取られてしまうだけでなく、何かをやり遂げるために不可欠となる意見調整、話を事前に通しておく政治力といったものが身につきます。
それらを手に入れると何ができるようになるかといえば、将来的な会社組織で上にたって部下を動かしプロジェクトを成功させることができる、その準備となるのです。
学園祭とは一つのプロジェクトであり、クラスは一つの部署と例えることができるので、集団行動における重要性をここで認識しておけば、今後の生活において大きな糧となってくれます。