学園祭思い出

大学時代の学園祭は、毎年11月の恒例行事となっていました。この学園祭では、サークルで焼きそばの模擬店を出店していました。準備は下級生の役目でした。屋台の設営から材料の買出し、食券の販売もしなければなりませんでした。食券の販売にはノルマがありました。とはいえ、簡単には売れません。そのため、同じようにノルマがあるほかのサークルの部員と、食券を交換したものでした。食券は部員がノルマの分を購入しなければならなかったので、実質的には自己負担でした。それでも食券の売り上げが、活動費になるので、売らざるを得ませんでした。学園祭の当日は、焼きそばを焼いたり、お客さんの呼び込みなどもしました。高校時代は、学園祭らしいものもなかったので、いろいろとノルマはあったものの、新鮮な感じがしました。学園祭の打ち上げに、学内で飲むビールの味も最高でした。11月はまだ冬になる前で気候もよく、今もいい思い出として残っています。