学園祭恒例のど自慢大会

今まで経験した学園祭で最も印象に残っているのはのど自慢大会。
私が通っていた高校では毎年のど自慢大会を行っており、一人か二人で体育館の壇上に上がって歌声を披露しています。学園祭なのでもちろん一般のお客さんもいますし、友人や先生も見ています。
私はそんな中で一人でエントリーし歌いました。
当然緊張はしますよね。歌う前からガチガチに固まってしまって不安いっぱいになりました。もともと歌うことは好きだったので実力を出せれば高評価をもらえると思いました。
でも現実はそんなに甘くはないですよね。声は裏返るし音は外すし、全く全力を出せませんでした。楽しく歌えたかというとそれほどでもないと思います。
ただ、いい経験にはなったと思っています。こういう大舞台の場を経験しておくと後々いいことがあるのではないかと思いました。
学園祭の記憶の中で、こののど自慢大会が最も心に残っています。恥ずかしい思いはしましたが、全力を出し切れたからよかったです。