学園祭成功

学園祭といえばまず何をやるかを決めなければいけません。私が特に印象に残っているのは大学の頃サークルのメンバーで行った焼きそばを作ることでした。
焼きそばというと学園祭では定番ですが、どのくらいの量を買うか、どのくらいの人数で作るか、そして宣伝係を何人にするかが大切になってきます。メンバーの役割を決め、私は宣伝をする係になりました。焼きそばをやっているという看板を持って大学内のいろいろなところへ顔を出し、とにかくたくさんの人に宣伝をしていました。
しかしなかなか人が集まりません。そこで考えたのが宣伝をした団体に一言友人とお昼に買いにきてくださいと伝えることでした。この言葉は意外にも効果があり、宣伝をした多くの方が昼食に焼きそばを買ってくれました。しかも宣伝係となった私や他の人たちは来てくれた人たちと仲良くなったりすることができ、友達の輪を広げることができました。
結果的に焼きそばは全て売れ、大成功となりました。そしてあ新たな友人ができ、私にとってこの学園祭はとても印象深いものとなりました。