学園際で猫のコスプレをして屋台を開く

私の学園際の思い出は、クラスの女子みんなで猫のコスプレをして屋台でお好み焼きやたこ焼きを販売した事です。

お好み焼きやたこ焼き以外にも、事前に焼いておいた肉球のついたクッキーも販売しました。

普通に屋台をしていたとしたらそこまでお客さんも集まらなかったと思うのですが、女子みんなで猫耳と猫のしっぽを付けて「お好み焼きおいしいにゃん」といった風に呼び込みをしていたおかげで、即完売しました。

何よりも猫になった気分で仕事をしていた自分達が一番楽しかったです。

学園祭にはよその学校の生徒さん達や、父兄、近所の住民もたくさん訪れていたので、お客さんの人数も相当な数だったのです。

他のクラスの人達は、自分達で作った映画等を上演していましたが、身内しか集まっていませんでした。

私達は屋台にして良かったなと思います。

学園祭を通して、働く事をじっくり学べて良い社会勉強をするチャンスとなりました。

学園祭が終わっても、クラスの女子達は猫耳を付けて遊ぶようになりました。

学園際って楽しい思い出ですね。