学校で眠らないようにするために

私は大学の授業中に、居眠りをする事が多かったのでその防止策を考えていました。正月にこの事を親戚の前で話したら、中学生の甥っ子に大爆笑されてしまいました。別に、授業中に眠くなるのは中学生だけとは限りません。

大学生の場合は、どうしても仕事をすることになるし、仕事内容も正社員と全く同じ仕事をしてる人も多いのです。なので一仕事終えてから、静かな環境で先生の話を集中して聞かなければいけないので、起きていられるだけ奇跡な感じです。

どんなに大学の授業が好きな人でも、2時間以上集中力を持続できるのはとても難しい事です。かなり真面目で有名な女の子も授業中、頭がカクカクしているのを何度も見たことがあります。なので、眠らないようにする対策は絶対に必要なことです。

その時は、強烈なミント風味のガムを食べること以外には思いつかなかったのですが、私の場合はガムを食べていると顎が疲れてきて、更に疲労度が増すのです。つまり最初の10分だけ目が冴えるが、その後の10分は更に睡魔が強くなるのです。