学校の先生に頼る

私の通っていた高校は、進学コースができて数年しか経っておらず、進学実績を上げたいという気持ちから受験に力を入れていました。先生方も熱心で、受験対策まで学校でしてくれ、ほとんどの人が塾には通っていないというような状況でした。

私は担任の先生もそうですが、進路指導の先生とも仲良くなり、迷った時や辛い時には話を聞いてもらったり、励ましてもらったりしていました。
進路指導のコーナーでは、自習室も設けられており、そこを利用して勉強に落ち着いて取り組みました。

今でも覚えているのは、三年生の模擬テストで志望校の合格判定がE判定で合格圏外だったことです。
ショックで無理かもしれないと思ったのですが、先生から「模擬テストの判定は当てにならない。大丈夫。毎年同じ様な状況で受かっている子がいる」と言われ力をもらいました。
そして実際に合格することができました。

先生の支えがなければ、どこかで心が折れていたかもしれません。
学校の先生の力は、とても大きいなと感じました。