学校の勉強に力を入れる

受験勉強と学校の勉強を分けて考える人もいますが、私は学校の勉強を大事にすることが受験勉強につながっていると思っています。
私が受験勉強の第一歩として取り組んだのは、定期テストでの成績を上げる努力をしたことです。

それを始めたのが一年生の二学期でしたが、予習と復習を欠かさずにするようにして、授業内容を身につけるようにしました。そうすることで定期テストの成績はどんどん上がっていき、結果として模擬テストなどの成績も上がりました。

二学期から驚異的に伸びたので、周りの友達からも「最近すごいな」とかなり驚かれました。
学校の授業を大事にしていくことで、勉強がわかるようになり、楽しさも感じるようになりました。
そうなるとそれまでは、自分主体で勉強していなかったのですが、自分が主体でやりたいからしているという前向きな気持ちにもなれました。

定期テストはすぐに結果が出やすいですし、成績が上がったことが自信にもつながります。