学校以外に対して受験という表現が用いられる事も

受験という言葉は、基本的には学校入試などに対して用いられる用語です。いわゆる大学入試などが、その代表的なものなのですが。その受験に際して、人々は入念に準備をしているケースが多いですね。
ところでその受験という用語は、もっと別のものに対して用いられるケースがたまにあります。就職活動です。
会社に入社するためには、試験を受けなければならないケースがあるのです。会社では面接も有るのですが、入社試験を課している会社も非常に多いですね。ペーパーテストを課している会社などは、非常に多く見られる状況です。その入社試験を「受験」するという表現で、用いられるケースもたまにあります。
ただし、入社試験に対してその用語が用いられるケースは比較的少なめではあります。どちらかというと大学や高校などに対して、その表現が用いられるケースが多いと思いますね。しかし稀に、就職活動など他のものに対してそれが用いられるケースもある訳です。