学生のときしかできないことをと思った結果

学生にしかできないことってあるよね、と大学の2年生だったある日、ふと考えたんです。就職したら時間は自由にならないし、結婚したらお金も自由にはならない。
今自分のためだけに使えるこの時間と(少ないけれど)お金を、なんか今しかできないことに使いたい!と思った結果、インドア派の私は7日間家に引きこもって一切外出しないという意味の分からない挑戦をすることにしました。
たとえ足りない食材があっても、買いに行きたいものができても、友だちに呼び出されてもひたすら家から出ないでいようと。今考えるとバカなんですけど。夏休みのことなので授業はありませんでしたが、それならバイトでもしろよって感じですよね。
でもこれが性格が引きこもり気味の私には、異様に楽しくて、1週間分の食料を確保して、おやつも買って、観たかったDVDも借りて、マンガも買って、ひたすらゴロゴロゴロゴロしました。でも5日目あたりで、これ以上続けたら本物の引きこもりになってしまう、と怖くなってコンビニへ行ってしまいました。
引きこもり気質の人間に、引き込もれるだけのお金と時間を与えてはいけないと思います。