学生の間で車を売買すること

大学の頃には、遊ぶことにお金を使っていたので、マイカーの為に貯金をすることは難しかったのです。それでも、短いスパンで別の車に乗りたくなってしまうので困っていました。

そんな時に便利なのが個人売買です。中古車屋さんに車を販売すると、思いっきり買いたたかれます。実際に40万円程度でお店で販売できる車だったとしても、買い取り価格は15万円程度しかつきません。これを個人売買で売ってしまうと30万円近くで売れる可能性があります。

購入する側からすると10万円安く買うことができるので、どちらにもメリットがある方法です。

ただ、買った側は、買ってからすぐに故障カ所がいくつも見つかり、廃車になってしまうと詐欺に遭った感じになってしまいます。なので名義変更するだけで終わりではなく、車が故障しそうな箇所をちゃんと言っておく必要があります。

信頼できる大学の友人の間でも盛んに売買されており、情報が入ってきてはすぐに買い手が見つかったりしていました。とても良い方法だと思ったのです。