学生らしいアルバイトの探し方

駅で無料配布されているバイト情報誌、ネットの求人サイト、スマホの求人アプリ。アルバイトを探す時、このようなメディアを利用している方がほとんどかと思います。
これらももちろん有効で手軽な探し方ですが、もし学生であれば意外な方法もあります。それが「友達の紹介」です。アルバイトをしていた学生が辞めると、求人側としては往々にして新しい人を補充しなければなりません。アルバイトしていた側は往々にして、次のアルバイトを紹介してほしいと求められることがあります。雇用主としては求人に広告を出すことも、アルバイトが減った時に今の従業員で穴埋めをすることも、経費がかかることです。そこで学生本人から紹介してもらえれば、こんなに手軽なことはありません。
身の回りを探ってみると、アルバイトを辞める友達、というのは意外と多いものです。そこで自分がその代わりとなりたい、と告げれば快く紹介してもらえるチャンスがあります。
そして何より、採用される可能性もかなり高いのです。