学生時代、お金がなかった時の食事

晩ごはんを、大学生になる娘が作るというので、思い出しました。
思い出したのは学生時代、生活費に困った時の自炊メニューです。

色々な事をしてしのぎました。
肉なしカレーをたっぷり8皿分作って、3日間カレーだけの食事です。
肉なしカレーの具は、ジャガイモと玉ねぎだけです。人参は、好きでないので入れません。
後は、カレーのルーを溶かして煮込むだけで出来上がりです。
値段にしたら300円もかかってないです。

朝は、基本的に食べません。
1日目の夜と2日目の昼は、カレーライス。3日目の夜は、カレーうどんを2玉食べます。
3日目の昼は、カレーを食パンに載せて食べるカレーパン、3日目の夜は再びカレーライスでフィニッシュです。

100円あれば、6枚切りの食パンを購入します。
1食2枚で、3食分。8枚切りにして、1食2枚にすれば4食分となりますが、ちょっと物足りないです。結局もう1枚食べてしまうので、コストパフォーマンスは6枚切りの方がよかったです。

天かす丼もよく食べました。
白ごはんの上に、天かすをまぶして醤油をかけるだけです。
お手軽ですが、結構おいしいです。
お金があるときは、ネギや卵をトッピングしても美味しいです。

貧乏な食生活でしたが、それはそれで楽しかったです。
今となっては、いい思い出です。