学生時代にした経験は全てが役に立つことばかりです。

学生時代にしたことは、全てのことで経験として生かされていますね。
例えば、バイト一つにしてもいろんなバイトをしたので、どんな仕事にも経験は必要だと分かったし、やはり年数を得ている人は、それだけの壁も乗り越えているのだと分かりました。

コンビニ、工場、引っ越し、新聞配達、ビラ配り、現場系、どの仕事をしてもかなり役に立っているのは事実です。
経験として役に立っているということが大きく、車の免許やバイクの免許なども取っていて損したことは一つもないですね。

教員免許も一応取っていて、使ってはいませんが、教員になりたいと思えば教員になることも出来るのです。
実際に役に立ったというのは表現出来ませんが、話のネタに持ってこれるや、乗りたいと思えばいつでもバイクに乗ることが出来るという、心の余裕はありますね。

そういえば学生時代にギターも習いました。
友達に習ったのですが、今でもストレス発散したい時なんかに、ギターを使って歌ってみたりしていますね。

学生時代に思いっきり遊んだり、勉強に頑張ったり、バイトしたり、社会人になってからはあまり出来ることではないので、いろんな経験をして社会に出れば良いと思います。