学生時代に一人暮らしをして気が付いたこと

学生時代にやっておいてよかった、役に立ったと思うのは一人暮らしをしたことですね。
実家からも通おうと思えば通える大学でしたが、自立したいという考えもあり一人暮らしをすることにしました。
両親は家賃だけ支払ってくれると言っていたので、光熱費や食費などは自分で働いて稼ぎ、なるべく貯金もしていました。
バイトとの両立は簡単ではありませんでしたが、人間関係の築き方やお金をもらって働くと言う意味を学生の時に知ることができました。
また一人暮らしだったので食費を浮かせるためにほとんど自炊していたのですが、そのおかげで料理の腕が上がりましたね。
どうすれば節約できるのかなども調べ、光熱費をなるべく使わないようにしていました。
そのため水道代と合わせても光熱費は月6000円程度でした。
食費は1万円から1万5千円の中で抑え、洗濯などもすべて自分で行います。
親がいて料理を作ってくれるありがたみなどもわかりましたし、反抗期もありましたが今は感謝するようになりました。
一人暮らしはお金がかかって大変でしたが、一人で生きて行く術を身につけるという意味では非常に役立ったと思います。