学生時代に頑張ってきたことを説明するには

就活では、ほぼ必ず聞かれる質問があります。それは、「学生時代に頑張ってきたことはなんですか?」という質問です。
この質問に対しては、もちろん堂々と答えられる人もいるとは思いますが、多くの人は頭を悩ませる質問だと思います。
「これと言って頑張ったと言えることがない」、「アルバイトやサークルはやったけど頑張ったと言えるほどではない」など、胸を張って堂々と頑張ったと言えるようなことがない人の方が、恐らく多いのではないでしょうか。
ただ、企業側は頑張った内容などは、特に求めているのではないのです。
それよりも、頑張ってきたことをどう説明するか、それによってどんな経験を得ることができたのか、そっちの方を重視しているのです。
ですから、別に学業でもアルバイトでもサークルでも課外活動でも、どんな内容でも構いませんし、そこまで誇れるような実績がなくてもいいのです。
胸を張って頑張ったと言えるような内容でなくても、少しでも頑張ったものがあれば、それを堂々と就活で説明すればいいのです。