学生時代のアルバイトの思い出

学生時代は学費を捻出するため、さまざまなアルバイトを経験しました。なかでも思い出深いのが、スポーツジムでのアルバイトでした。もっとも、スポーツジムと名前がついていても、本格的なジムではありませんでした。重たいバーベルも少なく、簡単な器具とプールがあるくらい。とはいえ、楽しかったのはお客さんたちの、トレーニング中の話相手を務めることでした。歯医者、新聞記者、主婦などさまざまな職種の方とお話できたので社会勉強にもなったのです。当時はちょうど卒業を控えた時期で、アルバイトをやめて卒業旅行の計画を立てていました。行き先は東南アジアで、貧乏旅行の一人旅でした。その計画をお客さんに話してみたところ、一様に驚かれました。残念なことに、さまざまな思いでの詰まったスポーツジムはアルバイトをやめた後に閉鎖されました。しかしながら、いろいろなお客さんとの会話は、今も忘れることのない学生時代の思い出になっています。