学生時代のアルバイトは大切な物事を学ぶ場

学生時代に行うアルバイトは、お金を稼ぐという目的以外にもう一つ社会人となり社会に出る前に学ぶ場でもあると思います。学生からいきなり社会に出るよりも、アルバイトである程度社会のことを経験してからのほうがそれが多少なりとも役に立つのではないかと思うのです。
私自身も学生時代にいくつかのアルバイト経験をして、その後学校を卒業してある会社に就職をすることとなりました。もちろん社会人一年目なので至らないことばかりで失敗も数え切れないくらいありましたが、それでもアルバイトをした経験が少しは自分の自信に繋がっていたのではないかと思います。
例えば社会人一年目は電話の受け答えにも緊張します。そんな時には以前行ったアルバイトでの接客を経験が役に立ったり、周囲の年上の人たちとの接し方が役に立ったりとしました。
そういったことで学生時代のアルバイトは、いろんなことを経験しそこから様々なことを学んでいける、とても大切なものだと思う私です。