学生時代のアルバイト仲間

学生時代は大阪でアルバイトをしていました。そのアルバイト先にパソコン好きな学生がいました。当時はインターネットが普及し始めたころ。そのパソコンに詳しかった彼に連れられて訪れたのが、大阪の日本橋でした。日本橋は「日本の三大電器街」のひとつと呼ばれており、電器店が集まっている街です。ちなみに、三大電器街とは東京の秋葉原、名古屋の大須と日本橋です。名古屋にも暮らしたことがありますが、名古屋の大須電器街と比べると、大阪の日本橋のほうがずっと大規模でした。当時はスマートフォンやタブレット端末はもちろんありませんでしたが、ようやく持ち運べるくらいの小型のノートパソコンが増え始めたころでした。大学で卒業論文を書いて生きた時期だったので、図書館やアルバイトの空き時間にも手軽に執筆作業ができるノートパソコンは魅力的でした。最近は廉価なパソコンも販売されていますが、当時はまだ高嶺の花。稼いだアルバイト代をパソコンにつぎ込むことになりました。