学生時代のサプライズ

神戸で過ごした学生時代、もっとも驚いたのは下宿や学内でイノシシの姿を目にしたときでした。神戸は街の後ろに六甲山が広がっています。その六甲山をねぐらにしていたイノシシが、山すそに広がった住宅街に出没するようになったようです。初めて見た人はびっくりするものですが、六甲山に近い神戸市灘区のあたりは、もはやイノシシと住民が共存しているといってさえいいくらいの環境でした。イノシシの親子が町の中をゆうゆうと歩いていても、誰も驚くこときもありません。イノシシがごみをあさることもあるのですが、条例で狩猟が禁止されているので、どうすることもできないようです。とくにびっくりさせられたのが、夜、下宿に戻ってきたときにイノシシの親子がいたことでした。そのときは買い物袋を提げていたので、狙われるのではないかと不安になり、いったん引き返したのを覚えています。神戸を離れてからイノシシを見ることもなくなりましたが、今も気になる存在です。