学生時代のパソコン選び

学生時代、卒業論文を書くため、パソコンを購入しました。当時はまだインターネットが普及し始めたばかりで、パソコンの知識もそれほどありませんでした。そこで、学生時代を過ごした関西の電器街、大阪の日本橋に出かけました。日本橋は通称「日本の三大電器街」のひとつと呼ばれています。ちなみに、三大電器街とは東京の秋葉原、名古屋の大須をさします。名古屋にも暮らしたことがあったのですが、名古屋の大須電器街と比べると、大阪の日本橋のほうがずっと規模が大きく感じられました。学生時代のアルバイト先がちょうど日本橋の近くにありました。日本橋には、アルバイト先の先輩に案内してもらいました。とくに探していたのがノートパソコンでした。その先輩がパソコン好きで、小型のソートパソコンを見ていたら自分もほしくなったのです。やはり日本橋で購入したとのことでした。いくつか電気店をまわって、もっとも使いやすそうな機種を思い切って購入しました。