学生時代の上京の思い出

学生時代は、地方の大学で過ごしていました。花の大学生活とはかけ離れた、田舎の暮らしでした。そのため就職活動で上京する機会が増えたことがうれしくて仕方ありませんでした。一方で、大変だったのが交通費や宿泊代の負担。移動には高速バスや各駅停車を乗り継ぎました。宿泊も、都内の親戚の家に泊めてもらうことにしました。長い滞在で、1週間近くにもなりました。就職活動のない日には、都内でアルバイトをすることもありました。当時は学生向けにアルバイトを紹介する機関がありました。そこで単発のアルバイトを見つけては、アルバイト先に出かけたものです。また国立競技場の近くにある東京体育館でトレーニングをしたこともありました。居合わせた外国人のお客さんからトレーニングのパートナーを頼まれて、どんどん重たいバーベルを担がされた記憶があります。結局、都内の企業から内定を得ることはできませんでしたが、東京でいい思い出ができました。