学生時代の卒業旅行

学生時代に卒業旅行としてカンボジアのアンコールワットを訪れました。アルバイトで旅費を稼いでの一人旅でした。いわゆるバックパッカーとしての貧乏旅行。初めての海外旅行だったので、不安もあったのですが、旅好きの同級生から事前にアドバイスをもらいました。旅程は、まず関西国際空港からタイのバンコクへ飛行機で。バンコクの安宿が集まるカオサンストリートで一泊して、列車でタイとカンボジア国境の町まで移動。そしてついたのが、世界遺産アンコールワット観光の拠点でもあるカンボジア西部の都市、シエムリアップでした。アンコールワットの見学では、タクシーでの移動とガイドつきのツアーも用意されています。じっくり見学したかったので早朝に出かけ、石造りの遺跡をくまなく歩きました。アンコール見学の翌日には首都のプノンペンへ移動。予算が乏しかったためマイクロバスでの一日がかりの移動でした。今もカンボジアはまた訪れたい国のひとつです。