学生時代の卒業登山

学生時代の思い出として残っているのが、卒業前の夏休みに友人たちと訪れた上高地でした。就職活動も終わり、一区切りをつけるため、またリフレッシュを図ることが目的でした。また上高地のふもとにある長野県の松本市や安曇野は、かつて毎年のように家族で訪れた思い出の場所でもありました。アルプスの神々しい姿を思い出すにつれ、がぜん足を運んでみたくなったでした。上高地に足を運んでみると、都会とは違う空気のよさと夏でもひんやりした気候に心を癒されるようでした。また、散策路の整備されている上高地は、初心者でもトレッキングを気軽に楽しめる格好なスポットであることも訪れた理由のひとつでした。いくつもの見所にあふれた上高地ですが、そのシンボル的な風景ともいえるのが大正池。焼岳の噴火によってできた大正池は鏡のように美しさでした。そしてもうひとつのシンボルともいえるのが河童橋です。友人たちとの記念写真は今も大切に保管してあります。