学生時代の失恋

学生時代に気分が落ち込んだのが失恋でした。これまでにどれだけ、失恋を繰り返してきたことかわかりません。とくに精神的にひどく落ち込んだのは、遠距離恋愛をしていた彼女と別れたときでした。原因は就職活動に入って、会う機会が減ったことだったのでしょうか。別れを告げられたのは、携帯電話のショートメールのメッセージでした。目の前が真っ暗になってしまいました。さらに悪いことに、就職活動もなかなかうまくいきませんでした。くわえてショックだったのは、当時の彼女が、ほかの男性にも言い寄っていたことを、あとで知ったことでした。人間不信になりそうでした。そんなときに慰めてくれたのが、サークル時代の仲間でした。その後、一年間の就職浪人をへて、どうにか社会人になることができました。つらかった失恋と就職活動の失敗を乗り越えて、人間的にも少しは成長できたのかもしれません。また友人のありがたさを実感する機会にもなりました。