学生時代の学園祭の思い出

学園祭というものは学生にとって年に一度の楽しみです。私も高校時代は学園祭の準備で色々と手伝ったりしました。
手伝ったのは裏庭で準備されていたカキワリという大きなものだったり、ペンキを塗ったりしました。その過程で女子と話すことができたり、遅くまで残って友人たちとお喋りを楽しんだりといったことがとても楽しかった記憶があります。
実際の学園祭でも、私の高校は仮装をして商店街を練り歩くという学園祭を行っていたので、衣装に身を包むと何か別の自分になったようで面白かったです。
そして高校2年・3年になり、学園祭もどんどん進化していき、友人と一緒に回る機会も増えました。ある時は体育館でライブが始まるということで一緒に見たり、友人のやっている部活の出し物を一緒に見に行ったりして充実した生活を送ることができました。
大人になってからも色々なお祭りやイベントにでかける機会は増えましたが、あの学園祭の時期というのは私のこれまでの人生の中で輝かしい思い出として残っています。