学生時代の就職活動

学生時代、もっとも苦労したのは就職活動でした。本格的に就職活動をしたのは、大学院生になってからでした。文系の大学院だったので就職には苦労しました。また国立大学だったため、私立大学のようなきめ細かな就職指導もありませんでした。当時は公務員試験と民間企業の掛け持ちでしたが、公務員試験には合格できず、民間企業からも内定を獲得できず、就職浪人をすることに。どん底を味わいました。精神的につらかったのは、進路が決まっている友人たちと比べてしまうことです。そんなときジョギングと、家庭教師のアルバイトがいい気分転換になりました。家庭教師先での生徒との会話も、今思えば楽しいものでした。また体を動かすと、気持ちも明るくなるものです。結果的に、二度目の就職活動で、どうにか内定を得ることができました。就職活動中は精神的にもつらい時期を体験したものの、今思えば、あそのときの試練があったからこそ、精神的にも少したくましくなれたのかもしれません。