学生時代の病

学生時代は、しばしば耳の痛みに襲われることがありました。どうやら中耳炎だったようです。きっかけはプールで泳いだことでした。もともと運動神経に自信があるほうではなく、体育の授業の水泳も苦手にしていたのですが、夏休み中のあまりの暑さに泳ぐ気になったのです。ところが耳が痛くなってしまいました。それから長い耳鼻科通いが続きました。それ以降しばらくは中耳炎にかかることはありませんでしたが、大学の授業が再開してから、また耳のあたりが痛くなったのです。ちょうど就職試験の勉強を始めたころでした。あまりの痛みに、勉強どころではなくなりました。痛みは耳のあたりから、頭全体に広がってしまいました。しばらくは頭痛薬を飲んでいましたが、いっこうに痛みがおさまりません。ふたたび耳鼻科に向かいました。診察では、中耳炎などではないということでした。首のあたりをマッサージしてもらうと、なぜだか痛みがおさまってしまいました。不思議な体験でした。