学生時代の遠距離恋愛のこと

学生時代で思い出に残っているのは、彼女との遠距離恋愛でした。名古屋の大学で4年間を過ごした後、関西の大学院に進学しました。名古屋と大阪は新幹線だと、二時間もかからないくらいの距離でしたが、学生でお金もなかったので、会うのは月に一度くらいでした。会える時間があるときは、やはり楽しみだったのを覚えています。当時は下宿の合鍵も渡していましたが、突然、なんの連絡もなくやってきてびっくりしたこともありました。掃除も何もしていなくて、ちらかったままの部屋を見られるのは、男とはいえ少し恥ずかしいものです。こちらも、ハンバーグなどの手料理を作って、驚かせたこともありました。また下宿を拠点に、京都や奈良の観光地に出かけたこともありました。遠距離恋愛が続いたのも、結局は一年ほどでした。卒業後は実家のある名古屋に戻りましたが、町に出るたびに、いつかばったり顔を合わせるのではないかと、ちょっと期待も抱いています。