学生時代の部活動

大学で熱中したのが、陸上競技でした。なかでも槍投げを高校時代からずっと続けてきました。どちらかというと同好会に近いような部活だったため、専門的な指導者はいませんでした。そのぶん、自分たちで解説書を参考にトレーニングを工夫していました。学内のトレーニング室では、ラグビー部やアメフト部の部員たちとまざって筋力トレーニングをしたものです。ベンチプレスやスクワット、デッドリフトといったメニューを繰り返し行いました。気をつけなければならないのが、やはり重たいバーベルを担ぐため、姿勢を悪くして、けがをしないことでした。とくにスクワットは100キログラムを超えるほど重たいバーベルを肩に担ぐことになるので、腰痛などを発症しないように、部員同士で手助けをしながらトレーニングをしていました。最近はトレーニングからもすっかり遠ざかってしまいましたが、スポーツの秋には、学生時代を思い出しながら、また体を鍛えたいと思っています。